ホーム  >  アスリート  >  Tom Randall(トム・ランドール)

アスリート

Tom Randall(トム・ランドール)

Tom Randall (Wideboyz)

トム・ランドール

【ホームクライミングエリア】
シェフィールド

【どのようにクライミングをはじめましたか?】
16歳か17歳の時に学校で行われた小さなコンペでクライミングをはじめた。怖かったけどうまく登れたことやとても楽しかったことに感動したよ。僕のクライミングはすべてそこからはじまったんだ! トム・ウィリアムズという人に教わるようになり、彼は今日まで僕のクライミングに膨大な影響を与えてくれて、とても感謝している。

【どんなクライミングをしますか?】
トラッドクライミングばかりしている。本当に少しだけボルダリングやスポートクライミング、インドアでのトレーニングをするけど、それもトラッドクライミングの能力を高めるためだ。ほとんどの人は僕を強迫的なオフウィドゥス好きだと考えているけれど、実際はより強迫的に「クラッククライミング」全般が好きな人間だと思う。
※オフウィドゥス(offwidth)…手だけでは対応できない広いクラック

【あなたにとってクライミングは何を意味していますか?】
僕にとってクライミングとは、ほとんどが挑戦に関することで、自分自身を知ることだ。クライミングの最中は、いつも本当に楽しく笑顔が絶えない。もしそうでなかったらこうもクライミングに熱中しなかったと思うよ。たくさんのクールな人に会ったり、刺激的な場所に行ったり、感動的な話を聞いたりしてきた。生きているあいだずっとクライミングをしていければと思う。

【好きなクライミングエリアは?】
とても難しい質問だ! ユタ州やウェールズ、イタリア北部は特に大好きなエリアだね。

お気に入りのルート:Century Crack (FA)(ユタ州), Anna Kournikova (FA)(イタリア), Masters Edge(ピーク地方), London Wall(ピーク地方), Mescalito, El Capitan, Yosemite.

お気に入りのボルダー課題:うーん、ほとんど知らないんだ! これからもめったに登らないと思う。

トライしてみたい無人島のクライミング:Britomatis, Gogarth.

トライしてみたい無人島のボルダリング課題:The Crack House(ユタ州)
クライマーとしての自慢:Pete Whittakerとクライミングパートナーであること。

理想のクライミングトリップ:大きなキャンプ用のバンに乗って、半年間アメリカでトラッドクライミングの旅をすること。完璧だ!!

クライミングアイドル:Tom Williams

愛用しているカラビナ:ヘリウム

愛用しているハーネス:ブレイズ

愛用しているプロテクション:スーパーライト ロックス。これは絶対的だ!!

Official Wild Country ‘Wideboyz’ trailer….

Wideboyz - Century Crack trailer #1

Wideboyski - Crack adventures in eastern Europe with Pete Whittaker and Tom Randall….

Tom Randall + Pete Whittaker Interview - Tales from the Wideside - short version


このページのトップへ